トイレは水のトラブルが起きやすいところです

トイレはまさに暮らしの必需品です。

生理現象なので毎日欠かさずに、トイレは利用しなければいけません。清潔で快適なトイレは暮らしの質を維持、向上させる上で大事です。ただ、一方で水のトラブルが起きやすい場所でもあります。トイレの水のトラブルで最も多いのが、水が正しく流れなくなる事です。原因は色々とありますが、その水のトラブルで考えられる要因は、トイレットペーパーなどの流し過ぎです。トイレットペーパーは水に溶けやすい特別な性質を持っています。

それでも一度に大量の物を流すと、奥で詰まる事があるのです。特に旧型の洋式トイレは水を流す力が弱く、水のトラブルの可能性大です。トイレ掃除で大量のトイレットペーパーを利用して一度に流すと詰まりやすいので、気をつけましょう。ティッシュペーパーが水のトラブルの原因になる事例も多いです。一見すると同じ様に見える物ですが、ティッシュペーパーは紙に溶ける性質がなく、比較的少ない量でも、それを便器に流すと奥で詰まります。

またウェットティッシュやお掃除用の使い捨てのペーパータオルなど、こちらも一見すると流れそうですが、トイレットペーパーの感覚で流すと、高確率で詰まるので要注意です。もし家族の者が誤って流してしまった時は、早めに専門業者に相談しましょう。完全に詰まっていない場合でも、奥にそういった異物が残ると、今後普通にトイレを使うだけで、水が流れなくなったり逆流するリスクが出るためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *