水のトラブル発生から水道会社に連絡する流れ

水のトラブルは自分で対処する方法が分からないことが多いです。

特に女性の場合は、パッキンを交換した経験もないという人がたくさんいます。ましてや、水栓レンチを使って蛇口の水漏れを直したり、温水洗浄便座の部品の一つであるストレーナーの交換をしたことがあるという人はほとんどいないでしょう。水のトラブルが起こったら、まずは水道の元栓を閉める必要があります。家に供給している水を全て止める形になりますが、元栓は家の外にあるので、噴水のような水漏れがあるならすぐに止めた方が良いです。

トイレであれば止水栓を閉めるだけでもOKです。次に、賃貸マンションなら管理会社に連絡をします。ここでようやく水道会社を選びますが、有名なCMを打ち出しているところもありますし、地元密着型の会社もあります。自分の条件に当てはまる方を選ぶのがコツで、迅速対応・リーズナブルな料金・過剰な修理を行わないという水道会社を探します。

水のトラブルはよく起こることなので、日頃から水道会社を選んでおくという方法もありますが、通常はトラブルが起こってから探すことが多いでしょう。水道会社選びに時間を掛けていられませんので、ネットの比較サイトを利用するととても便利です。水道会社ごとに特徴やサービス内容が書かれており、自分で調べる手間を省くことができます。修理を依頼する場合は、電話とメールが選べる場合がほとんどなので、急ぎなら電話を選びましょう。その際に、当日対応かどうかを問い合わせると安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *