水漏れ修理の費用について

水漏れの原因で最も多いのはゴムパッキンの劣化です。

パッキンの交換程度であれば個人で行うのも難しくはありません。業者に依頼すると費用がかかります。例えばお風呂場の蛇口から水が漏れている場合、業者に修理を依頼すると17000円ほど必要です。内訳は作業料金約9000円とパッキンの代金が約4000円、基本料金が約4000円となります。ホームセンターや通販サイトなどでゴムパッキンを購入した場合、費用は100円から500円ほどです。工具がない場合は揃える必要がありますが、全部揃えても3000円ほどしかかかりません。

簡単な水漏れ修理であれば、自分で行えば費用を大幅に安くすることができます。徐々に進行する水漏れはパッキンの交換で直るケースがほとんどです。何らかのトラブルを発見した場合は、早めに対処することをおすすめします。トラブルを放置してパッキンの摩耗や劣化が進むと蛇口本体に影響を及ぼす可能性があります。蛇口本体が変形した場合は修理に多額の費用が必要になるので、早めに対処しておけば費用を抑えることができます。

水道パッキンはホームセンターや通販サイトなどで購入できます。価格は100円から500円ほどです。種類と大きさが同じものであれば、どこのメーカーのものでも問題ありません。100円ショップでもパッキンを購入できる場合があります。品質はホームセンターなどで売られているものとほぼ同じです。パッキンの交換には工具が必要になります。接続部分のナットはモンキーレンチやウォーターポンププライヤーで外します。混合水栓のハンドルを外すにはマイナスとプラスのドライバーが必要です。いずれも1000円以下で購入できます。
水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *