賃貸物件で水のトラブルに対応するには

賃貸物件で水のトラブルになった場合には、まず家主や管理会社などの管理者に連絡するのが基本です。

誰が費用を負担するのかという点で重要になるので、自己判断で最初から水のトラブルの専門家に修理を依頼しないように注意しましょう。例えば天井から水が漏れてきた場合には、設備が老朽化しているのであれば正常に保つのは管理者側の責任です。上階の住人が蛇口を閉め忘れるなどして水浸しになり、それが階下まで漏れているのであればその住人が負担することになります。

蛇口から水漏れがしている場合には、パッキンが老朽化して破損している場合は管理者側、無理な力を入れたことで蛇口を壊したなら住人の負担になるのが一般的です。ただし、費用負担は契約内容で異なるため、老朽化でも自分で支払いをする場合もあります。後になってから揉めることがないように賃貸物件に入居するときに、水のトラブルになったときにはどこに連絡をすれば良いのか、管理者側の責任になる場合は負担してもらえるかなど確認しておきましょう。

管理者に連絡するメリットとして、専門家を紹介してくれる場合があります。特定の会社に依頼するように決められている場合、そこを利用すれば良いので信頼できる会社を探して比較する手間が省けます。夜間などで管理者に連絡が取れず、緊急を要する場合には被害を抑えるために自分で直接専門家に依頼しますが、この場合は後で請求するために原因を証明できる書類を用意してもらうと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *