賃貸に入居しているときの水のトラブル

賃貸に入居しているときに水のトラブルが起きた場合、誰に責任があるかが重要になります。

故意に破壊するなど過失がある場合は入居者の責任になりますが、経年劣化が原因であれば管理者側の対応が必要です。そのため、自分の判断だけで対応しようとせずに、最初に管理者へ連絡を入れるのが基本です。もし水漏れを自分で止められる状況であれば、被害を抑えるために止めてから連絡すると良いでしょう。分からなかったときは管理者に応急処置の仕方を聞き、止めれば良いです。

僅かな水漏れであればしばらく放置していても影響は軽微ですが、勢いがあると階下にまで浸水して高額の損害賠償が発生する恐れがあるので注意しましょう。自分が他の入居者に水のトラブルで被害を与えた、または被害を受けたときも、実際には設備の老朽化が原因で管理者に責任がある場合があるため、当事者間で賠償の話し合いをするのも避けます。高額の支払いが発生する危険性に備えたいときは、保険に加入しておくと良いです。種類によって補償される範囲が異なるので、適切なものを選びます。

なお、簡単に修理できそうな場合でも賃貸物件で水のトラブルは依頼した方が無難です。パッキンの交換などは調べればやり方は分かりますが、素人が行うと取り付けが正確にできていないことに気付かないことがあります。その結果、水漏れが発生すると過失による自己責任になり、大きな費用負担が発生する危険性があります。過失がなければ管理者の負担になるので、遠慮せずに依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *