賃貸物件の水のトラブルの注意点

賃貸物件で水のトラブルになったときは、気付いたらすぐに応急処置をして被害の拡大を防ぐ必要があります。

もし対応が遅れて階下に水が漏れてしまい、家電を壊すなどの影響が出たときには弁済の義務があるので費用負担が大きくなります。緊急時でも慌てずに冷静に対応できるように、水の元栓がどこにあるのか把握しておくと良いでしょう。在宅時に水のトラブルになったときには気付くことができますが、不在時であれば対応が遅れる危険性も考えられます。この場合は負担を発生させないために、保険に加入しておくと安心です。契約料は必要ですが、万一のときでも自己負担はほぼなくなります。

水のトラブルの修理を依頼するときには、夜間で連絡が取れない場合を除いて家主や管理会社に連絡しましょう。水のトラブルも軽微な原因である場合も多いので、連絡をすれば対応方法のアドバイスを受けられ、自分で修理できることがあります。また、会社が指定されている場合もあるので、そこに依頼すれば複数の会社の中から比較する手間が省けてスムーズです。

費用の負担は通常の使用方法で経年劣化で起きたものであれば、一般的には管理者側の責任で払ってもらえますが、無理な使い方をしていると自己負担になります。水のトラブルが発生してから、どのような対応が適切になるのか調べるのは難しいので、入居する際に契約内容を確認しておきましょう。費用負担でトラブルになることが多いので、事前に双方で合意しておくと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *