賃貸物件の水のトラブル

水のトラブルになったときに修理を行う場合、それが自己所有の物件であれば自由に対応できますが、賃貸物件の場合には費用負担などで家主や管理会社と揉めることがあるので注意します。

賃貸契約の内容で異なりますが、経年劣化による設備の破損は修理費用が賃料に含まれていることがあり、自分で支払う必要がありません。しかし、料金は各社で異なっているため、勝手に選ばれて高額の請求をされると家主側が損します。これを避けるために、水のトラブルの際に利用する会社が指定されている場合があります。連絡を入れて確認せずに、無断で他の会社に依頼すると費用を払ってもらえなくなる恐れがあるので知っておきましょう。

自分で水のトラブルの会社を選んでも良いと確認ができた場合には、どこにするか比較が必要です。水のトラブルの修理では、料金に関連して揉める場合もあるので作業方針を調べることが重要です。もし担当者の判断だけで次々に作業を進められてしまうと、想定外の高額の請求になる危険性があります。

これを避けるには、状況の調査をした後に事前に見積もりを行い、その内容に納得して契約してから作業を進める会社を選びます。見積もりを断ったときの料金に不安を感じることもありますが、出張や見積もりは無料で行っている会社があるので問題ありません。全ての会社が無料になっているわけではないので、依頼する際に確認しておきましょう。通常は公式サイトに記載されているので、ない場合は有料の可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *