賃貸での水のトラブルへの対処

賃貸物件で水のトラブルになったときの対処は、自己所有の場合とは異なります。

まず、水が漏れているときは可能な限り被害の拡大を抑えるために元栓を閉めるなどの対処は同じです。その後に、賃貸物件では責任の所在によって誰が費用を負担するのか、また、修理を依頼する会社が指定されている場合があるなどの違いがあるので、管理者に連絡をして対処方法の確認をします。

指定があれば自分で選ばなくて良いのですぐに依頼できるので便利ですが、自由に選ぶように言われることもあるので、その場合には到着までの時間や料金の透明性、見積もりを承諾してから作業することや出張・見積もりを無料でしていることなどを比較して依頼します。状況によりますが、漏電の可能性もあるので電気会社にも連絡しておきましょう。

水のトラブルでは他の入居者に被害を与えることがありますが、これも管理者側に責任がある場合には弁済は不要です。当事者で話し合うとトラブルになる恐れがあるので、管理会社を通して行った方が良いです。外出中に水のトラブルが発生し、大きな被害を与えて高額の請求をされる恐れもあるので保険も加入しておくと安心です。

補償されるのが自分の財産なのか、他者のものなのか確認しておきましょう。一般的には管理者に責任があれば自分で負担する必要はありませんが、全ての管理者が正しく理解しているわけではありません。トラブルになることも多いので、入居前に意識合わせをしておくと回避できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *